2018年11月20日の「NIKKEI STYLE」に 当社取締役社長 森川のインタビュー記事が掲載されました。


CIMG5204.JPG

記事内では、
森川自身のこれまでの経歴や、

2009年に開設した住宅型有料老人ホーム「グッドタイム リビング 亀戸」、

そしてオリックス・リビングが設立するに至った経緯などが紹介されています。

住宅型有料老人ホーム「グッドタイム リビング 亀戸」は、

2009年4月に700世帯が暮らす「亀戸レジデンス」に誕生しました。
「亀戸レジデンス」にはこれ以外にも、

保育園や学童クラブ、地区集会所も併設するなど、さまざまな世代が暮らす環境に誕生し、地域の幼老共生の場となっています。

特に、併設されている保育園「こころ保育園」の園児の皆さんと「グッドタイム リビング 亀戸」のご入居者は

定期的にお互いのエリアへ訪問しており、

多世代交流ならではの楽しみを見つけ、親睦を深めています。
交流の様子はこちらをご覧ください。




オリックス・リビングは、今後もご入居者の「暮らし」をよくする施設づくりに取り組んでまいります。

ぺージトップへ