オリックス・リビング株式会社は、スマート介護記録システムを開発する株式会社ロジックとともに「Care-wing 介護の翼 施設版」を共同で開発し、2018年1月23日より販売を開始いたしました。

ロジックが既に2010年から発売している「Care-wing 介護の翼シリーズ」は、従来介護士が紙で記録していた介護記録を、スマートフォンやタブレット端末を使用して、完全ペーパーレス化を実現するクラウドシステムです。

今回発売した「Care-wing 介護の翼 施設版」は、介護士の稼働表がデジタル化され、施設に従事する全ての介護士がタブレット端末などでリアルタイムにお互いの稼働表を閲覧することが可能になり、さらなる業務省力化を実現しています。

オリックス・リビングとロジックが共同開発した「Care-wing 介護の翼 施設版」の詳細はこちら

機器_タブレット.jpg

<ゲストの居室の入口にタブレット端末をかざせば、ケアの開始が記録される>

オリックス・リビングとロジックは、今後もICT技術を活用した介護現場の業務省力化を目指し、共に利用者の幸せに貢献してまいります。

ぺージトップへ