転倒や転落などの事故の減少を目指す居室見守りシステム
「Neos+Care®(ネオスケア)」

本システムは、ご入居者の動作(離床など)をセンサーで自動検知し、即座に指定するタブレット端末に画像が転送されることで 転倒や転落などの減少を目指したもので、ノーリツプレシジョン株式会社(旧 NKワークス株式会社)と共同開発しました。
これまでの介護現場で課題とされてきた見守りシステムの誤検知を減らし、利用者のプライバシーの保護にも考慮したシステム となっており、経済産業省「ロボット介護機器開発・導入促進事業」における「見守り支援機器(介護施設型)」の「優秀機器認定」第1号製品に認定されました。
>>報道資料はこちら(PDF形式)

居室見守りシステム「Neos+Care®(ネオスケア)」の紹介ビデオです。(再生時間:6分間)
※クリックすると動画が開きます