2017年2月12日の「日本経済新聞」に
弊社企画部 広報課長 入江の介護補助機器に関するインタビューの記事が掲載されました。

当社では、ゲスト(ご入居者さま)が日々の生活を快適に過ごしていただくため
メーカーとともに開発を進めている最新テクノロジーを利用した介護補助機器を導入しています。


また、今回インタビューを受けた入江は、
高齢者住宅経営者連絡協議会のロボット介護機器導入推進部会の委員を努めており、

介護業界への介護補助機器の導入、推進を、社一体として進めています。

オリックス・リビングは、これまでの介護現場の常識にとらわれず、
本当に求められているのに提供されていない高齢者の新しいライフスタイルを創造してまいります。

ぺージトップへ