2016年8月4日の千葉日報に
有料老人ホーム「グッドタイム リビング 千葉みなと」にて開催した
「ボッチャ千葉みなと杯」の様子とご入居者さま(ゲスト)のインタビューが掲載されました。

「グッドタイム リビング 千葉みなと」で開催する「ボッチャ千葉みなと杯」は、
姉妹棟である「海岸通」と「駅前通」とのチーム対抗戦で3ヶ月に1度開催し、
今回で第30回を迎えました。


お元気な方からお身体が不自由な方まで幅広く参加することができるボッチャは、
ゲストから大変人気があり、参加者は、試合が始まる前から自主練習をしたり、
本番では各々作戦を練りながらボールを投げ、白熱した試合を繰り広げています。

また、身体を動かすだけでなく、頭も使うスポーツであるため、
脳の活性化にも大きく役立ちます。 


CIMG9868.jpg



紙面内では、
開催を間近に控えたオリンピック・パラリンピックを応援すべく
パラリンピックの正式種目である「ボッチャ」の白熱した試合模様と
試合後のゲストのインタビューが掲載されました。


IMG_0712.jpg


また、「ボッチャ千葉みなと杯」の様子は、
2016年8月3日の千葉テレビ「NEWS600」「NEWS930」にも放映されました。

千葉テレビ「NEWS600」「NEWS930」の放映については、こちらをご覧ください。



オリックス・リビングでは、今後もゲストの皆さまに賑わいのある生活をお送りいただけるよう、
サービスの質の向上に努めてまいります。


☆グッドタイム リビング 千葉みなと/海岸通の詳細はこちらをご覧ください>>

☆グッドタイム リビング 千葉みなと/駅前通の詳細はこちらをご覧ください>>


※ボッチャについて

「ボッチャ」とは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者
もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、
ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、
赤・青のそれぞれ6球ずつのカラーボールを投げたり、転がしたり、
他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。
また、日本の発祥地は千葉県と言われています。


1988年のソウル大会からパラリンピックの正式種目に加わり、
前回のパラリンピックロンドン大会で日本代表はベスト8に輝き、
9月7日より開催されるパラリンピックリオデジャネイロ大会でも行われる種目の1つです。

ぺージトップへ