2016年1月31日の「産経新聞」に
大阪工業大学主催「ロボット・サービス・イノベーション」シンポジウムの様子が掲載されました。

弊社広報課長の入江は、パネルディスカッション「サービスロボットを社会実装して普及させることによりイノベーションを起こすには何が必要か?」にパネリストとして参加しました。

オリックス・リビングでは、介護の現場で得た知見を生かし、介護の現場とメーカーをつなぐことで本当に必要とされる介護補助機器の開発を行うため、オリックス・リビング イノベーションセンターを開設しました。

今後もこれまでの介護現場の常識にとらわれず、本当に求められているのに提供されていない高齢者の新しいライフスタイルを創造してまいります。

ぺージトップへ