有料老人ホームをお探しなら、オリックス・リビングで検索ください

有料老人ホーム「グッドタイム リビング」、高齢者向け賃貸住宅「プラテシア」
関東 0120-123-759 関西0120-135-166  受付時間(共通):9:00〜18:00 (毎週水曜、元日を除く)
資料請求
見学予約

新しい介護の常識

  • コンセプト
  • 尊厳のある暮らし
  • 安心のある暮らし
  • 介護・医療サービスとの連携
  • 理想を実現するためのスタッフ教育
  • 環境は利便性を重視して
  • リビングセレクト
  • オリックスグループという信頼
  • 賑わいのある暮らし
  • グッドタイムクラブ
  • 充実の共用施設
  • 食へのこだわり
  • 夢がかなう暮らし
  • ご家族様の声
  • お暮らしの様子をお届けします グッドタイム リビング通信
  • プラテシア(シニアレジデンス)という選択
  • お問い合わせ
  • 物件情報
  • 資料請求
  • 見学申込

安心の暮らし

やれることはやり、任せることは信頼してお任せしてます。

「妻は仕事第一の私を、長年、本当によく支えてくれました」

ご夫妻が「ゲストハウス」にご入居されたのは、2009年9月でした。「妻の様子がおかしいと気がついたのは08年の夏でした。泥棒にお金を盗られたと言うようになったんです」
家中の鍵を取り換えた。だが、また同じことを言う。気がつくと、マヨネーズなど特定の商品を山のように買っていた。認知症の初期症状だった。「我が家は妻と私のふたり暮らし。なんとか手を打たなければいけないと高齢者住宅をいくつかまわりました。しかし、どこかしっくりせず、困ったと頭を抱えたときに、この近くに住む妻の妹がここを紹介してくれたんです」

「それから4年。とても満足しています」

ご主人さまは現役で、今も週に4日、朝8時過ぎに事務所に出かける。「主にカメラ関係の特許を扱っています。戦後、ドイツに追いつけ追い越せという時代を経て日本のカメラが世界に認められ、アナログからデジタルに変わり……製品の権利保護という立場から、カメラの発展を見つめてきました」

車椅子に座る奥さまを見つめるご主人さまのまなざしが優しい。

ご主人さまはこちらに入居してから、奥さまをベッドから車椅子へ移乗する方法をケアアテンダントにたずね、練習もした。休みの日には、トイレ介助や食事介助も行う。
「自分でできることはやり、スタッフの皆さんに任せた方がいいことは信頼してお任せしてます」また、ご主人さまは昨年度より『ゲストハウス』のゲスト代表も務めている。ゲスト懇談会に寄せられたゲストの声から「骨付き魚」「昼食に麺類を増やす」などが食事に盛り込まれるようになった。
「ゲストの要望に迅速に対応しもらっています」